東京の大学を地方に移転したら、東京一極集中は収まるのか。

Sho

東京の大学の地方移転促進を検討へ 有識者会議設置の方針http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853181000.html

政府は、東京への一極集中の是正に向けて、東京にある大学の地方移転を促進する方策などを検討するため、来月、山本地方創生担当大臣の下に、新たに有識者会議を設ける方針を固めました。

政府は、先月取りまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に、東京への一極集中に歯止めをかけるため、東京にある大学の地方移転の促進や地方での雇用創出などを進めるための方策を検討することを盛り込みました。

これを受けて政府は、来月、山本地方創生担当大臣の下に、新たに有識者会議を設ける方針を固めました。
有識者会議の委員には、元総務大臣で東京大学公共政策大学院の増田寛也客員教授や元民主党の衆議院議員で北九州市の北橋健治市長など、大学関係者や地方自治体の首長など12人が起用される予定です。

有識者会議は、月に1回から2回程度会合を開き、企業の経営者などからも意見を聞いたうえで、ことし夏をめどに具体策を取りまとめることにしています。

1月26日 17時39分 NHK NEWS WEB

地域おこし協力隊制度を作り、若者を地方へ送り、
次は定年後の高齢者を地方に送り、
次は大学ですか・・・。

地方は大学がないから東京に行くわけではないと思うんですよねー。

つまり、この会議の理論が正しければ、東京都への転入人口が、大学に入る18歳が多いはずだと考え、
調べてみました。


※東京都住民基本台帳人口移動報告 平成27年から著者がグラフ化

転入した人口を年齢差で見てみると・・・。

大学に入学するであろう年齢が該当する15歳~19歳の転入人口は34208人で全体のたった4%!!

それに対し、大学を卒業する年齢が入ってる20歳~24歳では146647人で全体の18%

25歳~30歳は174089人で全体の21%。。。

ということを思うと、大学生の該当するたった4%を狙って考えるのはかなりコストパフォーマンスが悪いと思うんですよね・・・。
一極集中の要因になるのが大学生ではないと思うんですよね。

ちなみに転出人口を見ても年齢構成は似たような感じです。

そう思うと、転入で一極集中の要因になっている20歳~34歳の移動要因を調べて対策を考えた方がいいと思うんですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です